2018年01月04日

時計界を震撼させたフランク・ミュラーの三次元フォルム

腕時計のケースには一般的な丸型(Round)の他、長方形のレクタンギュラー(Rectanglar)、真四角のカレ(Carré)など、さまざまなスタイルがあるが、丸型以外でもっとも親しまれているのがトノー型(Tonneau)であろう。これをベースに、1980年代の半ば、フランクミュラースーパーコピー人気通販 の手によって「トノウ・カーベックス(Tonneau Curvex)」が生まれた。

この「カーベックス」とは、強く湾曲し腕に密着するケース形状のことで、1930年代からドライバー用モデルなどに採用された。ルイヴィトンスーパーコピー新作 そこでフランクは新しいフォルムを創出するにあたって、アンティークのトノウ型腕時計を収集し、それらを研究することで独自のフォルムを生み出したという。

このトノウ・カーベックス採用モデルの代表作として、1994年に誕生したのが「カサブランカ」だ。エルメスコピー通販 「カサブランカ」は、それまでコレクター向けに貴金属モデルしか作らなかったフランクが初めて挑戦したスチール製腕時計であり、この爆発的なヒットにより、時計マニアだけでなく、フランク・ミュラーの名声が一般に浸透していく大きな契機となった。  

Posted by xfdf at 21:46Comments(0)TrackBack(0)